大雑把なほうが上手くいく!引越当日の片付け方


生活に直結する物を出すのが最優先

引越当日は何かと慌ただしい上に、新居の掃除と荷物の片付けを同時に行わなければならないため体力が要ります。片付けはできるだけ効率よく行いたいもの。しかし部屋に運び込まれた大量の段ボール箱を前に、何から手を付ければいいのか途方に暮れてしまう人もいることでしょう。引越したその日から生活は始まります。片付けを効率よく進めるコツは、生活に直結する物を真っ先に段ボール箱から出すこと。具体的には食器や調理道具などのキッチン用品、洗面所や浴室、トイレで使うもの、ハンガーなどの洗濯用品、布団です。まずこれらを使用する場所に持っていきましょう。

趣味のものやすぐに使わないものは、引越当日に片付ける必要はありません。余裕のある時にゆっくり片付ければいいので、とりあえずは邪魔にならないところに置いておきます。引越前の工夫として、箱の外側に中身を書いておくと、片付けの際にスムーズに取り出せますよ。

引越当日の片付けはざっくりと

片付けに時間がかかったり、途中で嫌になったりする原因の一つに「完璧主義」があります。収納法に細かくこだわり、収納場所に厳格なルールを設けてしまうと、片付け作業が進まずあっと言う間に日が暮れてしまいます。引越当日の片付けはざっくりと行うのが基本。全ての片付けを一気にやってしまおうとせず、細かい収納は後回しにしましょう。また、よく使うものは取り出しやすい場所に置くことも大切。必要なものが必要な時にすぐに手に取れる状態にしておくと、片付け作業中はもちろん、その後の生活においてもストレスになりません。

不用品の回収は、お住いの市町村で行う無料回収と特定の業者に有料で引き取ってもらう回収があり、その不用品の種類により異なるため注意が必要です。