災害時にも安心!太陽光発電のメリットを知る


メリットとデメリットを知る

電気は生活に欠かせないものですが、それゆえに日々の電気代は気になるところです。発電にも様々な方法がありますが、一般家庭でも導入しやすい方法に太陽光発電があげられます。かつては導入に多くの費用が発生するというイメージもありましたが、今はより低価格で設備を購入できるようになりました。さらに性能も上昇していますので、より長期に使えることも期待されています。導入に初期コストがかかる、工事が必要になるというデメリットはありますが、そのかわりに日々の電気代は安くなりますしパネルを屋根に設置することは断熱効果を高めることにつながります。災害時は大規模な停電が起きる可能性もありますが、そんな場合も緊急の電源として活用できます。家庭で使いきれない余った電気を売電できるのもメリットといえるでしょう。

蓄電池の併用も考えよう

太陽光発電システムを導入しておくと、昼間の電気はほぼまかなうことができるので電気代を抑えることができます。そのかわり、作った電気はためておくことはできず、夜になると使えないという欠点もあります。最近は家庭用の蓄電池を導入する家庭も増えてきました。蓄電池と太陽光発電システムを併用すると、昼間発電した電気をためておくことができますので夜間や災害時にも活用できるようになります。最近は売電価格が下がる傾向にあり、売電で多くの収入を得ることは難しくなりましたが、蓄電池を導入すると作った電気をムダにせず、より有効に利用できるようになります。

太陽光発電の価格は、年々下がっています。しかし同時に設置費用も下がっているので、設置すれば、電気代の節約効果と売電収入というメリットがあります。