派遣の運転手の仕事選びで特にチェックしておきたいことは?


自分の希望する勤務シフトに入れるか確認しておこう

派遣の運転手の働き方は、正社員よりも収入が低くなる傾向がありますが、出勤日数や勤務時間、休日などの自由度が高いというメリットがあります。特に、大手の企業においては、繁忙期や運転手が不足しやすい曜日を除き、自分の希望する勤務シフトに入れるところも多く、年齢や性別を問わず働きやすい環境が整っています。そうした中、仕事だけでなくプライベートの時間もきちんと確保したい人は、各社のドライバーの在籍状況や勤務シフトについて派遣会社の担当者と相談しながらよく理解をすることが大切です。また、残業の有無や時間については、派遣先の方針によって大きな違いがあるため慎重に確認しておきましょう。なお、なるべく定時に仕事を終えたい人は、ドライバーの配置に余裕がある派遣先を優先的に探しましょう。

高収入を得たい人は社員登用実績がある派遣先を選ぼう

派遣の運転手として働き続けるだけでなく、将来的に正社員になりたい人は、過去に多数の社員登用の実績がある派遣先を見つけることが重要です。例えば、役員運転手やタクシーなどのドライバー歴が長い人や、運転技術やマナーが長けている人は、社員登用の対象者に選ばれる可能性が高いため、妥協せずに職場探しをするのがおすすめです。一般的に、経営状態が良い企業においては、勤務態度や勤続年数に応じて、毎年数人派遣から正社員へと登用されるケースも多く見られます。その他、社員登用の有無や人数について詳しく知る上で、余裕をもって運転手の就職サポートに定評がある派遣会社に登録を済ませることが大切です。

運転手の派遣は、企業にとって正社員を採用するよりもコストを抑えられることや、人員不足の問題を解消できるといったメリットがあります。